→ ブログ成功のカギとは

リンク元のアンカーテキストを確認する理由と、無料有料チェックツールの紹介

無料SEOツール
オーランの中古ドメイン

ハイスペック中古ドメインの効果を体感するがいい。

・Trust Flow 15以上
・公共リンク or DR5以上
・オーランが選んだ逸品

これまでの中古ドメインと比べ物にならないほどの効果との声をいただいている。

アンカーテキストとは

アンカーテキスト(anchor text)とはテキストにリンクつけたときのテキスト部分のことだ。テキストリンク・リンク文字列ともいう。

上画像の【オーランの中古ドメイン】の箇所がアンカーテキストだ。

 

アンカーテキストはリンク先のコンテンツの内容を示す役割がある。
Googleは検索順位を決める要素として認識していて、アンカーテキストは検索順位に影響を及ぼす。そのためアンカーテキストにキーワードを含ませるSEO対策が存在する。

 

画像にリンクが貼られている場合は、画像のALTタグに設定されたテキストがアンカーテキストの代替となる。

 

アンカーテキストで何がわかるか

アンカーテキストを調査すると

・(自分のサイトが)どこで話題になっているか

・(自分のサイトが)どのくらい外部から評価されているか

・(自分のサイトの)どのページが評価されているか

がわかる。

 

オーラン
オーラン

外部評価を見る機会は多くないと思うので、たまにチェックするといいぞ。

 

アンカーテキストSEOの方法

アンカーテキストは以下のようなパターンに分けられる。

 

アンカーテキストの例

URL
https://www.orank.net/about-old-domain

サイトタイトル
中古ドメイン騎士オーラン

ページタイトル
中古ドメインの効果とは。メリットデメリットのまとめ。

キーワード
ドメインの効果

 

アンカーテキストにキーワードを指定すると、そのキーワードの検索順位をあげる効果がある。ただしキーワードのアンカーテキストばかりだと不自然なアンカーテキストとしてスパム行為となる。

 

ブラックハットSEOでは、自然なアンカーテキストを装ってサテライトサイトから自演リンクを送るんだ。

自然なアンカーテキストを見習って、30〜50%はURLを指定しよう。

URLにもhttpありなし、後ろスラッシュありなしなどばらけるのが自然だ。

 

自演リンクに興味がある方は、SEO Clerksの記事を見てみるといい。

ブラックすぎるSEO Clerksの被リンクサービスを注文しよう
海外のブラックハットSEOは日本よりも断然発展している。 何よりブラックSEOが平然と取引されているのが日本と大きな違いだ。 英語ができなくても簡単に申し込みできる海外のSEOサービス販売サイトSEO Clerksのサービスを一...

 

ページ内リンクのアンカーテキスト

アンカーテキストの効果は外部リンクだけでなく内部リンクでも同じように効果を発揮する。ホワイトハットSEOでは内部リンクのアンカーテキストをコントロールすることでSEO対策を行う。

内部リンクのアンカーテキストはURLではなくページタイトル内の重要ワードを2語の複合キーワードなどで指定するとよい。ただし半角スペースで ドメイン 効果 のように指定することはしてはいけない。

 

中古ドメインのアンカーテキストを調べる

中古ドメインを取得する際にアンカーテキストを調べる。

 

その理由は

・中古ドメインの過去どんなサイトだったか

・中古ドメインのオーナーが変わったかどうか

・自サイトのアンカーテキストが偏っていないか

など。

 

中古ドメインの選定でアンカーテキストを調べるとウェイバックで履歴を調べるよりも正確性にかけるが作業が早いぞ。

 

中古ドメインを精査する場合

過去にアフィリエイトサイトで被リンクを追加で打っている場合はアフィリエイトサイトの履歴がわかる。その場合、アフィリエイト商標らしきアンカーテキストが存在する。

過去にオーナーが変わっていればジャンルの違う複数のアンカーテキストが存在する

 

スパムリンクの場合は、ブランド名・精力剤などの単語が並ぶ。

 

アンカーテキストチェックツール

removeem(無料)

Anchor Text Ratios - Remove'em
Our anchor text over optimization ratios tool will determine the risk your site has for a Penguin penalty. Check it out today to see your website's report!

会員登録なしでアンカーテキストを調べられる無料ツールだ。

 

下画像のようにドメインURLを入力する。http付きでもなしでもOKだがwwwありなしは合わせてくれ。

 

 

aHrefs(有料)

 

aHrefs サイトエクスプローラーを開いて調査ドメインを入力する。

 

メニュー – アンカーテキスト を選択する。

 

 

アンカーテキスト一覧が表示される。

 

Majestic(有料)

aHrefsに次いで信頼性の高いSEOツール Majesticでもアンカーテキストを調べることができる。

 

ドメイン名を入力して Root Domain を選択。Anchor textタブを押す。

 

 

ワードクラウドとアンカーテキスト一覧が表示される。

 

視覚的に重要度を確認できる。

 

 

 

アンカーテキストの調べ方

標準的なサイトの例

とあるECサイトを調べてみた。一度ドメインをjpからcomに引っ越ししていたことも8、9行目からわかる。他は問題ない。

 

Root Percentageでドメイン単位のアンカーテキスト割合を、

Link Percentageで被リンク数単位のアンカーテキスト割合を見ることができる。

 

元アフィリエイトサイトの例

元アフィリエイトサイトのアンカーテキストもお見せしよう。

通常は、URL名が30〜50%程度の割合となるがアフィリエイトサイトはアンカーテキストでSEOを狙うので商標名のアンカーテキストが多くなる。