aHrefsで被リンクチェックを一括で行う方法

オーランの巻物Note
中古ドメインの運用方法量産サイトの作り方などの今まで誰も教えようとしなかったブラックSEO手法をはじめとするアフィリエイト術をまとめたNoteだ。ブログでは書けない有料情報を買い切りで提供している。   オーランの黒い巻物 オーランの白い巻物
ドメイン一括チェック aHrefs

被リンクチェックを一括で行えるツールは?

ドメイン精査をする際には、一つずつ行うと時間効率がよくありませんので、一括でチェックするのがおすすめです。

 

被リンクを一括でチェックできるツールは

 

・aHrefsのバッチ分析
・Majesticの一括被リンクチェッカー

 

の2つがあります。

 

今回はその2つのうち、aHrefsのバッチ分析の使い方をご紹介します。

バッチ分析の使い方

 

日本語に切り替える

aHrefsにログインしてメニュー右の人アイコンをクリックするとメニューの中にLanguageがあるので日本語を選択します。

aHrefsを日本語にする

 

 

aHrefsのバッチ分析をメニューから選択

 

バッチ分析を選ぶ

 

調べたいドメインを入力する

ドメインを複数行で入力します。

 

調べたいドメインを入力する

 

入力するドメインはどこから取得するのか?

Expired domainsで中古ドメインを一度で取得する方法を紹介しています。

Expired Domainsの使い方
Expired Domainsとは Expired Domainsとは、失効したドメイン=中古ドメインの巨大なデータベースを保有しているサイトのことです。 1日に数万サイトものサイトが失効を迎えています。中古ドメイン屋さんの一部では...

 

被リンク評価の見方

aHrefsバッチ分析の評価画面

 

ドメインランク

ドメインランク項目をクリックすると、ドメインランクで並び替えできます。降順で並び替えて上から順番に詳細を確認していきます。

aHrefsのドメインランクは、ドメイン全体の評価を表す数値で20以上あれば取得対象にしています。

 

オーガニック検索 キーワード

オーガニックキーワードというのは100位以内にキーワードがいくつ入っているか という指標です。

オーガニックキーワードが残っているということは直前までサイト運営がされていた証拠です。アクセス状況が継続されているというのは中古ドメインにとって非常に有益です。

オーガニックキーワードが残っていても外れドメインも数多く確認したのでこちらは中古ドメイン精査の対象外とした。(2018.09.14 追記)

 

参照ドメイン

参照ドメイン

参照ドメインは、被リンク元のサイトの数になります。

 

2つのオーソリティ指標がありますが、こちらのドメイン指標が付くのは滅多にありませんが付いている場合は取得したいですね。

 

.gov :政府機関ドメインからのドメイン本数

.edu :教育機関ドメインからのドメイン本数

 

参照ドメイン数が多すぎる場合はスパムサイトの可能性が高いです。上画像でいうと3番目4番目は怪しいです。

 

ドメイン名で排除

英語の単語がランダムな文字列、有名ブランド名、薬名、ゲーム、保険など海外アフィリエイトやスパムに使用されやすい名前のドメインは除外しましょう。

 

Waybackで確認してドメイン取得

ドメイン指標を確認したらWaybackでドメイン履歴を確認しましょう。

 

おすすめドメイン登録業者

お名前com

Value Domain

中古ドメイン騎士
ルカ

炎の魔法使いルカ。知識豊富でドメイン選びが得意。

aHrefs
気に入ったらツイートしてくれ。ポチッと。
裏技Note
当たり中古ドメインの選び方と裏技的運用方法
中古ドメインの正しい使い方と裏技的使い方を知らないとせっかくの中古ドメインが無駄になってしまうぞ。
中古ドメイン騎士 オーラン