中古ドメインのフル活用法。もっともカンタンな下層ページ復元 | 中古ドメイン騎士 オーラン
→ ブログ成功のカギとは

中古ドメインのフル活用法。もっともカンタンな下層ページ復元

ブラックSEO

中古ドメインの下層ページ復元については、多く質問をいただくのでカンタンな復元方法を書いておこう。

 

まず私の下層ページの考え方はこうだ。

中古ドメインに付いているドメインパワーをフルに活用するために下層ページを復元するという方もいらっしゃるが私は下層ページの復元はしない。

下層ページを復元すると確かにトップページ以外に付いているドメインパワーの恩恵を受けることができる。
一方で、過去の下層ページを調べる時間に加え、同じURLを作る必要があるので非常に時間がかかる。

ただ「 時間はあるので下層ページを利用したい 」という読者もいるだろう。

そのような方のために下層ページの活用方法を伝える。

 

(2018.10.13 追記)

サイト復元オンラインツールがあったのでこちらが一番簡単だ。

サイト復元ツール付き!海外中古ドメイン販売 PBN HQ
PBN HQとは PBN HQは、中古ドメイン販売をはじめとするブラックSEOサービスを多く取り扱っている海外業者だ。 おすすめ度 ★★★★☆ 価格 5ドル〜 決済 Paypal 受渡し ドメイン情報のみ(ドメ...

 

オーランの中古ドメイン

ハイスペック中古ドメインの効果を体感するがいい。

・Trust Flow 15以上
・公共リンク or DR5以上
・オーランが選んだ逸品

これまでの中古ドメインと比べ物にならないほどの効果との声をいただいている。

下層ページの復元

被リンクを受けている下層ページを調べる

下層ページのリンクパワーを調査するのに便利なのがMOZのLink Explorerだ。

 

Top Pages というメニューを選ぼう。

 

link explorer top pages

 

Top Pagesでは、トップページを含むサイトの被リンク状態を見ることができる。

 

サイト全体の被リンク状態

 

PA(Page Authority)と呼ばれるページ単位のリンク指標順に上から表示される。

 

一番左にページURLが表示されているのでこのページURLを復元していけばいい。
上の例でいうと(guide.html gaiyo.html bora.shtml)だ。htmlという拡張子はwordpressでは基本的には使えないのでこういうドメインはWordPress運用する方は選ばないほうが無難だ。
被リンクを受けているドメイン数や被リンク数もわかる。

 

下層ページの復元(WordPressの場合)

WordPressをインストールして、新規に固定ページを作る。
固定ページのページタイトルを入力すると、その下のパーマリンクが表示される。その右の編集ボタンを押す。
パーマリンクにMOZで調べた下層ページURLの一つを入力する。こうすることで元サイトのページと同じページURLになる。

 

これを5URL程度繰り返すと元サイトの重要ページを活用することができる。
固定ページには、何か記事を入れてトップページへアンカーテキストでリンクを戻してあげるといいだろう。
そのまま固定ページに重要な記事を突っ込んでもいい。その場合は、サイドバーに表示させたり、あるいはトップページからテキストリンクなどでリンクさせるといいだろう。

 

以上が下層ページの復元方法だ。