ブラックハットSEOとは?再現性が高いアフィリエイトで7桁を目指せ | 中古ドメイン騎士 オーラン
→ ブログ成功のカギとは

ブラックハットSEOとは?再現性が高いアフィリエイトで7桁を目指せ

オーランの巻物Note
中古ドメインの運用方法量産サイトの作り方アフィリエイトサイトの作り方などの今まで誰も教えようとしなかったブラック手法をはじめとするアフィリエイト術をまとめたNoteだ。ブログでは書けない有料情報を買い切りで提供している。   オーランの巻物

ブラックハットSEOのやり方

オーラン
オーラン

ブラックハットSEOと言ってもいくつか手法がある。他のブログを見ても具体的に書いていないから初心者は困るよな。

 

この記事でブラックハットSEO(ブラックSEO)を詳しく説明しよう。さらに会員限定コンテンツでは誰も見せないコツをこっそりと説明する。

バックリンク

 

すべてのブラックSEOの基本がバックリンク

バックリンクとは、メインサイトにリンクを送ることでドメインやページの評価を上げるブラックSEOの基本手法だ。

 

別名、自演リンクと言われている。アフィリエイトサイトとは別にブログなどのサイトを準備して、そのサイトから目的のアフィリエイトサイトにリンクを送る。

リンクを送るサイトは、衛星のようなのでサテライトサイトと呼ばれる。サテライトサイトは、手持ちの運営サイトあるいは中古ドメインが用いられる。

 

サテライトサイトからリンクを送ることでアフィリエイトサイトのドメインパワーが高まり検索順位が上がるというわけだ。

 

サテライトサイトの作り方

 

リンクを送る本数

1つのサテライトサイトから送るリンク本数は、最大でも10個までがいい。出来れば1〜2個に抑えたい。

 

リンクを送るタイミング

リンクを送るタイミングは1本ずつ1週間〜1ヶ月ほど間隔をあけて実施する。時間の都合がよければできるだけ間隔はあけたほうがいい。

自演リンクは自然リンクと違和感がないように行うのがコツだ。

 

リンク元はどんなサイト?

サテライトの形はWordpressで作ったサイトでも雑記ブログのようなものでも構わない。面倒であればペラサイト(トップページだけ記事を入れたサイト)を作りリンクを送るのでもOKだ。

 

問題はリンクを送る側のサイトの

・信頼性の高さ
・リンクを受けている数

が重要となる。

 

これを深く理解しないとサテライトを使った自演リンクはおすすめしない。ブラックSEOをしたことがない方が簡単に手を出すものではない。

ドメインパワーの見方

 

サイトのどこから送る?

一番効果が高いのはトップページの本文中のテキストリンクだ。

サテライトサイトのトップページには本文がある固定ページが好ましい。

それが面倒な場合は一覧ページのまま全文表示できるように設定をしよう。テーマによっては全文表示が出来ないのでワードプレスデフォルトのテーマにするとよい。

 

サテライトサイトを自分で用意しないでもいい

被リンクを増やす方法をご紹介したが、実はサテライトサイトを自分で持っていなくてもバックリンクSEOはできる。

あらゆるブラックハットSEOサービスを販売しているサイトがこちらだ。

ブラックすぎるSEO Clerksの被リンクサービスを注文しよう
海外のブラックハットSEOは日本よりも断然発展している。 何よりブラックSEOが平然と取引されているのが日本と大きな違いだ。 英語ができなくても簡単に申し込みできる海外のSEOサービス販売サイトSEO Clerksのサービスを一...

 

このサイトの被リンクサービスを使えばサテライトサイトを準備せずに被リンクを増やすブラックハットSEOが行える。

 

 

中古ドメイン

バックリンクと同じ効果があるのが中古ドメインだ。

サイトを作るときに新規ドメインを購入するのではなく、最初からリンクを受けている中古ドメインを使用することでgoogle評価が高くなる。

中古ドメインは、メインサイトとサテライトサイト両方に使用する。メインサイトに中古ドメインを使いたくない場合は、サテライトのみに使用しよう。

 

国内サイトで中古ドメインを購入する(初心者向け)

中古ドメイン販売ショップ一覧
中古ドメインを購入する 中古ドメインをまだ使ったことがない方は、以下のおすすめの中古ドメインショップから購入するのがおすすめだ。 わたしの中古ドメイン販売も使っていただけるとうれしい。 安い中古ドメイン 安く中古ドメイン...

 

海外サイトで中古ドメインを購入する(中級者向け)

激安おすすめな海外中古ドメイン販売サイトまとめ
オーラン 正直に言おう。日本の中古ドメインは高すぎる。 日本の中古ドメインはなぜ高いのか? 日本と海外の中古ドメイン販売形態の違い 日本 ・中古ドメインを在庫している ・独自のドメイン...

 

自分で中古ドメインを探す(上級者向け・おすすめ)

海外中古ドメインツール PBN Lab(ドメインクローラー)
PBN Labとは 今回は海外ドメインクローラーPBN Labを紹介しよう。 PBN Labは私の一番おすすめのドメイン取得ツールだ。 おすすめ度 ★★★★★ 価格 59ドル / 買い切りプラン 決...

 

オーランの中古ドメインも販売しているので私が選ぶ良質の中古ドメインが必要な方はぜひ利用してほしい。

orank - BOOTH
オーランの中古ドメイン2個セット(TF15 DR5 IP5)(¥ 4,000), オーランの中古ドメイン5個セット(TF15 DR5 IP5)(¥ 9,000), オーランの中古ドメイン10個セット(TF15 DR5 IP5)(¥ 15,000), 公共リンク付ドメイン2個セット(TF15 DR2 IP5)(¥ 6,9...

 

サテライトサイトとして中古ドメインを使う

サテライトサイトのほとんどがサテライトサイトだ。ただしサテライトサイトには記事を入れないといけないので安い外注記事を入れることが多い。

 

メインサイトとして中古ドメインを使う

中古ドメインはもともと評価されるドメインパワーを持っているのでそのままメインサイトに使うことも多い。

ただ当たり外れがあることと、中古ドメインそのもののドメインパワーだけでは上位に上がらない場合もあるのでサテライトサイトや別のメインサイトからリンクをもらうことも多い。

 

 

ワードサラダ

ワードサラダとは、文章を一度単語に分解して再度構成を組み替えて意味のありそうな文章を作ることをいう。

組み替え記事とも呼ばれるもので、マルコフ連鎖というロジックを使用することが多い。

グーグルはワードサラダを理解できるという見解があるが現在もテクニックとして使っているブラックアフィリエーターは多い。

 

ペラサイト

ワードサラダを用いたサイトは、ペラ系サイトが多い。トップページあるいはトップページ+個別ページ数ページにワードサラダ文章を入れてサイトをアップする。順位がついたらきちんとした文章にリライトする という流れだ。

 

手動ペナ

ワードサラダを用いたサイトが上位に来るとペナルティを与えられて順位を大きく下げられることがある。

この場合、コンテンツをそのまま別のドメインに載せ替えて再度アップすることがある。通称載せ替えだ。

 

地域系アフィリエイト

ドメイン数で勝負のブラック手法

地域系と言われるブラック手法は毎月100万円以上稼ぐいわゆる7桁アフィリエーターが多い。ブラック手法でもっともドメインの数を使う手法でもある。

 

地域名+商標+複合キーワード をページタイトル・H1タグに設定して1サイトあたり50〜2000ページほどを自動生成してサイトを作る。

サイト内の本文はほぼ全ページ共通だ。本文中に地域名、複合キーワードを入れておいてページのコピー率を減らす。

 

使うサイト制作ソフトはシリウスが多い。

 

 

地域系アフィリエイトのコツ

もっとも大切なことは、所有ドメイン数に対して稼げる金額が少ないことを認識することだ。

地域系アフィリエイトは、とにかく数をばらまく必要がある。これを勘違いして10ドメインだけ購入して量産をしたつもりならまったく稼げない。

 

100ドメインくらいでも全体で月10万ほどしか稼げない。

 

3000円の中古ドメインを100ドメイン購入したとしたら

 

年間収入 1200,000円 ー 年間経費 300,000円 = 年間利益 900,000円

 

となる。

 

地域系アフィリエイトをするには、長期間実行する根気と作業効率化、そしてドメイン数が必要となる。

 

 

中古ドメイン騎士
オーラン

ドメイン千年戦争を生きた騎士オーラン。中古ランプを手に入れて中古ドメインでペラ量産しまくる騎士。武器はペラサイト流星剣。

ブログの成功はサイト設計にあり
ブログのコンセプトやターゲット設定に迷っている方は必見。
気に入ったらツイートしてくれ。ポチッと。
中古ドメイン騎士 オーラン